ツリフネソウ

  • 2017.09.23 Saturday
  • 20:54

JUGEMテーマ:日記・一般

 

秋吉台では見かけない花・ツリフネソウ、平尾台では湿地に咲いています、あちこちに。

 

自生環境を考えると納得してるのですが、小さな湿地にでもいいから咲いてほしい。

 

ピンクの花がぶら下がる、可愛い花です。

 

     【ツリフネソウ】

 

湿地に「これでもか!」と言う数の株が蔓延り、ピンクの花を咲かせています。

 

以前は水場にも咲いていたのですが、藪になってしまい確認できません。

 

 

 

 

 

 

 

種子が熟すとホウセンカのようにパチッと弾けて飛ぶのです。

 

だからでしょう、辺り一面蔓延るのは。

 

 

 

 

 

真ん中の白い部分が雄蕊、種子が大きく育ちながら出てくる様子が分かります。

 

育ってパチッ!、繁殖力は旺盛ですね。

 

 

ミソナオシ

  • 2017.09.10 Sunday
  • 22:39

JUGEMテーマ:日記・一般

 

わるくなった味噌の中に茎葉を入れると味が美味しく変わる、

 

そんな謂れからこの名がついた、そうな。

 

この花も中途半端な開花、日当たり悪いから?

 

     【ミソナオシ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年草刈りの時に「バッサリ」刈られてしまうのに今年は残されています。

 

何年振りかで見ることが出来ました。

 

 

そして、おまけの花、ちょっと早すぎちゃいましたね。

 

     【シバハギ】

 

撮り直します。

 

 

アブラギリ

  • 2017.06.08 Thursday
  • 22:55

JUGEMテーマ:日記・一般

 

アブラギリの1番良い時を少し過ぎた日、花友さんの案内で見ることが出来ました。

 

 

     【アブラギリ・雌花】

 

 

 

 

 

雌花は初めて見たような気がします。

 

1本の枝をひっぱり撮れた雌花、かなり高い位置に咲くので目線で見ることができません。

 

1つの花が大きいので撮りやすい。

 

 

雄花のこれまで見ていた大きな木は道路下から生えていたので撮りやすかったのですが、

 

何かの理由で途中から折れて枯れた状態でした。

 

 

     【雄花大木】

   6月初旬

 

他の木は頭上高く、しかも道路から離れているので詳しく撮ることができません。

 

これが精いっぱいです。

 

別の場所の小さな木の所へ移動。

 

 

     【アブラギリ・雄花】

 

 

 

 

 

花を、上から、横から、雌花・雄花の違いが判るものが撮ることができたし、

 

花友さんに感謝して、帰宅しました。

 

 

ヒメケフシグロ

  • 2017.06.03 Saturday
  • 09:01

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 秋吉台では見れない花が続きます。

 

海を挟んで2つのカルスト台地、咲く花の違いがある。

 

「フシグロ」にもいろいろ、この「ヒメケフシグロ」は花期の違いで私でも判る。

 

 

    【ヒメケフシグロ】

 

 

 

 

 

 


 

 草原の中にポツンポツンと咲いている、カメラを向けるときいつも悩まされるのは「風」、

 

微風であってもわずかに揺れる。

 

こんな時は風との戦い、息を殺しシャッターチャンスを待つのですが、

 

この小さな花をきれいに撮る、案外と上手くいかないです。

 

 

バイカウツギ

  • 2017.06.02 Friday
  • 22:45

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 この花は秋吉台で見ることができません。

 

どこか、まだ歩いていない場所に咲いてることを願っているのですが…

 

 

     【バイカウツギ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   5月末

 

散り始めた場所やこれからしばらく楽しめそうな場所までいろいろ。

 

ほのかな香りが漂う。

 

撮りたい花の1つ、でもあります。

 

 

半年ぶりの平尾台

  • 2017.06.02 Friday
  • 21:23

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 今年の「野草勉強会」はお休みしています。

 

母の都合や家族の都合、曜日と時間が合わずに仕方なく、この頃やっと短時間ですが

 

自由な時間が使えるようになってきました。

 

春の花は撮れず仕舞い、初夏の花は必ず、と到着時間は遅いけど何とか撮ることが

 

出来ています。

 

半年ぶりですが緑が濃くなり、初夏を味わえる草原に変わっていました。

 

 

     【セイヨウヒキヨモギ】

 

 

 

私が歩く秋吉台で、今のところこの花を見たことありません。

 

こちらには侵入していないのでしょうか。

 

「招かざる客」、と言えますね。

 

 

     【コムラサキ】

 

 

 

ガクがひげモジャモジャなので「ヤブ?」と思っていたら、「コだよ〜ん。」と言われてしまった。

 

そう言えばガクの色が違うじゃん、まだまだ勉強しなければねー。

 

 

     【クララ】

 

 

 

雨不足でしょうか、草原が乾ききっています。

 

クララの花がいつものように綺麗でない、虫害で汚くなっています。

 

こんなの初めてかも、降りすぎも嫌ですが適度に降らなければ笹やススキの葉もストローの

 

ように丸まっています。

 

困ったことです。

 

 

雨の観察会

  • 2016.10.17 Monday
  • 09:26

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 「自然に親しむ会」の観察会が平尾台で行われました。

 

雨予報の日曜日、「トンネルを過ぎると雨だった!」、行ってる人がいるかも、と考え、

 

前進あるのみ。

 

センターへ到着してしばらくすると、見覚えのあるお顔が約4名。

 

来たからには多少降っても歩かないとね。

 

 

歩き始めて間もなく雨も上がり助かりました。

 

しかし、ガスが濃いい、けど、知った道だし明るくなってきたので歩けそう。

 

 

 

 

 

 

 

参加者が少なかったので、日頃行かない裏側の林道なんかも歩きました。

 

この季節、火道(防火帯)がもう切られ、年内には防火のために焼かれてしまいます。

 

山焼き準備にしても秋吉台とかなり違いますね。

 

 

 林を抜け山道を歩き、昼食もとらずにあっちこっちへ。

 

最後は「湿地植物」を撮って駐車場へ向かいました。

 

散策時間5時間弱、歩数としては1万歩以上、、かな?

 

 

 東屋でかなり遅い昼食、おしゃべりしながら楽しい時間です。

 

次回は?、「シロバナハンショウヅルを見たいねー」と、だれかの独り言が聞こえました。

 

この日見た花は、「雨の観察会・2」へ続く・・・・・

 

 

ツリフネソウもいろいろ

  • 2016.09.16 Friday
  • 09:18

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 秋吉台では見ることのない「ツリフネソウ」、平尾台では至る所に…

 

     【ナメラツリフネソウ】

 

 

 

 

 

 

 

今までず〜〜っと「ツリフネソウ」で紹介してきました。

 

が、、友人より「花柄に毛の無いものは『ナメラ』だよ。」と。

 

調べてみると・・・・・、それに、花の後ろにある豆のようなものは?

 

果実のようで、熟すと触るだけで「ホウセンカ」のように弾けて種が飛ぶ。

 

だからでしょうね、辺り一面蔓延っています。

 

 

勉強会の続き、、

  • 2015.08.29 Saturday
  • 22:17
JUGEMテーマ:日記・一般

 午前中はみんなと一緒に歩くことが出来ました。

湿地で何とか見れた花、「ヒメシロネ」



花も終わりかけ、お盆のころがきれいだったようです。


駐車場に戻ってお弁当タイム、1番楽しい時間です。

午後は足の調子が思わしく無くて別行動、道路沿いを歩くことにしました。


   【ヒナノキンチャク】


台風が去って花たちも傷めつけられています。

キンチャクは落とされています。


     【コカモメズル・袋果】


履けるはいつでしょう、かなり時間が掛かりそうですね。


     【ガガイモ】





花色も場所によっていろいろ、藪の中に咲いてるのでうまく撮れないです。

 

今期後半・野草勉強会開始

  • 2015.08.29 Saturday
  • 09:04
JUGEMテーマ:日記・一般

 昨日、2カ月ぶりの平尾台散策でした。

花ごろのノヒメユリを見ることができずに、、残念。

普通なら9月半ばまで「残り花」を見ることができるのに、台風のおかげで1本のみ。




最初で最後の花、となりました。

今年の開花は早めだったようで、7月末には見ることが出来たそうです。

足の調子を気にしながらみんなと歩きました。


     【キセワタ】





傷んだ花が見えないように、立ち位置を右へ左へ。


     【ミシマサイコ】


細くて高さのある花は倒れて藪の中。


     【ルリシジミの産卵】


ルリシジミも子孫を残すために忙しそう、蝶の姿も間もなく消えます。


     【ゴマノハグサ】


撮りにくい花のひとつ、小さい・揺れる・ピント合わせ辛い。

終わりかけの花柄が折れてました。

台風の爪跡がひどい草原です。

つづく・・・

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM