観察会で見た花たち

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 13:58

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 草原が緑に映え、1番心躍る季節です。

 

     【ニオイタチツボスミレ】

 

 

       【ホタルカズラ】

 

遊歩道のあちこちで「今が旬」とばかりに咲き誇っていました。

 

 

       【白い花が咲く】

 

背丈が伸びる2か月後、白い花が咲いてくれます。

 

 

       【ツチグリ】

 

 

       【ヒメハギ】

 

 

 

⇈と⇊、同じ花色ですが日向と日蔭でこれほどの違いが、お花はお日様の下で見るものですね。

 

 

 

 

       【オキナグサ(翁)】

 

 

 

花も咲いていたけどほとんどが「翁」になっていました。

 

熟すと風に乗って別の地で姿を見せてくれるでしょう。

 

 

次の台上散策はいつになるのでしょう。

 

 

 

総会へ参加

  • 2019.04.22 Monday
  • 21:53

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 「秋吉台自然に親しむ会」の総会が20日に行われ、毎年この時期「九州サボテンクラブ展示会」

 

も開催。

 

そんなわけで総会にはなかなか参加できなかったのですが今年は1日ずれたので参加できました。

 

久しぶりに顔を合わす仲間たち、話は尽きません。

 

総会は会計報告や行事予定など1時間ほどで終了、その後、1?名の有志で観察会。

 

 

カルストロード沿いを花や石などを見ながら北上、やっぱり早い人遅い人。

 

人それぞれです。

 

 

 

何やら真剣に話を聞かれています。

 

草原を抜けて、手にはビニール袋を、、そう、ワラビが生えてますよ。

 

 

 

そうこうしているうちにお昼のサイレンが。

 

見晴らしの良い場所でお弁当タイム。

 

 

腹ごしらえが終わってからは「山菜採りツアー」に変更。

 

皆さん真剣です、が、今回私はスルー!

 

採ったワラビは先輩へ。

 

またのチャンスをものにします。

 

 

 

山(丘)だけを見ると「ここはどこ?」状態。

 

めったに歩く場所ではないし、ちょっと新鮮に見えました。

 

山の向こうにはおそらく「レンゲ山」が見えるはずです。

 

しかし、われら4名はここから引き返しました。

 

残った10名は先に進んで、かなり遅く戻ったそうな。

 

やっぱり「サバイバル的探索」になってしまいましたね、、みなさん。

 

 

 

観察会への参加

  • 2019.03.18 Monday
  • 09:06

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 昨日17日、親しむ会と科学博物館共同主催の観察会へ参加。

 

久しぶりなので懐かしいお顔がずらり、でした。

 

 

 

 

森を抜けた草原では化石や石の種類などの説明が行われていました。

 

秋吉台の仕組みなども教わるのですが、覚えているのは帰宅するまで。

 

困ったことです。

 

 

 

龍護峰の頂上には「この石碑」が立っているのですが、撮ったのは初めてかも。

 

秋吉台を歩き始めて13年になるというのにです。

 

 

 

お弁当タイム後少しのんびり、結構風が吹いてて南側の斜面で各々おしゃべりタイムです。

 

 

 

龍護峰を後にしてお鉢山を下りるとき、滑りやすい場所なので脚に力が入ります。

 

こんな時、いつも最後尾を歩くのがわ・た・し、です。

 

この時「滑って転んでは大変」と、優しい殿方がご一緒してくださいました。

 

ここを下りたところで皆さんは「防火帯」を歩くため左へ曲がったのですが、

 

数名は「用事がある」などの理由で遠慮しました。

 

私は「脚が悲鳴を」の理由。

 

 

     【ジャケツイバラの種】

 

遊歩道を歩きながら花を探したり見たり、駐車場へと向かいました。

 

急斜面などあり、で私にとってちょっとハードなコースでしたが、皆さんとお会いできたことで

 

楽しい観察会となりました。

 

次回は、「総会&散策」になりますが、参加できるといいな〜!

 

秋吉台の花

  • 2018.10.14 Sunday
  • 22:56

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 到着は今日もお昼過ぎ、家族のことを考えると歩けるだけでも〜良いかな〜!、なんて。

 

 

     【アキノキリンソウ】

 

草刈りをした場所では背丈低く咲いています。

 

「遅かったかな?」と来てみたのですがまだあちらこちらで咲かせていました。

 

 

     【ヤマジノギク】

 

これも背丈低くこじんまり咲いています。

 

本来、50儖幣紊砲覆蟇Δ忘犬頬修譴泙り、撮りにくい花です。

 

花は可愛いのにね。

 

 

     【リンドウ】

 

 

     【花を拡大】

 

自家受粉を避けるため雌蕊・雄蕊の熟す時期が多少ずれる。

 

雄蕊が開いて花粉を飛ばし終えると雌蕊が開く、上手くできているものです。

 

 

     【キジカクシ・実】

 

藪の中に見えた赤い実、キジカクシです。

 

花は5月ころ小さな花を咲かせますがあまり目立ちません。

 

 

     【ウメバチソウ】

 

斜面に1株、硬い小さな蕾が見えたけど、開くのはもっと先でしょう。

 

咲き始めるとあたり一面白く目立つはずです。

 

足の踏み場もない、そんな感じで。

 

つづく・・・・・

 

 

タテハモドキ

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 23:33

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 今年の撮影は無理!、そう思っていた蝶・タテハモドキ、お彼岸の墓参を兼ねて立ち寄って

 

みました。

 

ところが、遠くからでも分かるように休耕田の草刈りが実施されています。

 

「ありゃー、これでは無理だ!」と、近づくと、男性が1名マクロ撮影をされています。

 

情報くださるО先輩でした。

 

遠くから行く私の、案内をしてくださいました。

 

     【タテハモドキ夏型】

 

 

 

裏の翅模様は色が薄め、お目目模様もはっきり見えています。

 

 

     【秋 型】

 

 

 

 

 

こちらは秋型、色濃いめでオレンジ色もはっきり、翅裏も模様が見えないほど黒く染まってる。

 

草刈りされて頭数は少ないけど夏・秋両方見れたし、休日の半分をお付き合いくださり感謝です。

 

 

     【トンボ】

 

トンボって、共食いするんですね、初めて見ました。

 

驚いた〜!

 

 

秋の七草観察会

  • 2018.09.17 Monday
  • 22:16

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 16日日曜日、秋吉台自然に親しむ会の観察会へ久しぶりに参加。

 

時間通りの到着、と思いきや、駐車場入口で交通事故のため通行止め、目の前にして立ち往生です。

 

仲間に連絡してUターン、別の場所から森の駐車場へと移動しましたです。

 

出端をくじかれ途中までみんなを追っかける羽目に。

 

七草どころではありません。

 

 

 

 

 

 

お天気は良く、青空に映える白い雲、気持ち晴れ晴れでした。

 

しかし、七草撮るのはできませんでしたです。

 

     【キキョウ】

 

 

 

白花が1輪、藪の向こうにひっそりと。

 

 

     【オミナエシ】

 

オミナエシはそろそろ終盤かな?

 

 

     【ネコノチチ」

 

たったこれだけ、遅刻して慌てたからなんですけどね。

 

でも、久しぶりにみんなに会えて楽しかったです。

 

 

ミミカキグサ

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 22:23

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 ミミカキグサにもいろいろあって、ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサ、ムラサキミミカキ

 

グサと3種。

 

すべて見ることができますが場所はあちらこちらと別々。

 

「まっちゃんフィールド」では普通のミミカキグサ。

 

     【ミミカキグサ】

 

 

 

 

 

 

 

今年は昨年のように花を見ることができません。

 

夏の猛暑のせいなのか、イノシシがお散歩し過ぎなのか、どちらにしてもこのまま消えることが

 

ないように・・・

 

別の湿地では荒れてしまい絶滅したようです。

 

 

     【ネコハギ】

 

湿地周辺に咲いているのですが藪の中なので撮りにくい。

 

ハギもいろいろですが可愛くて好きな花です。


 

台上散策

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 22:05

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 台上散策も短時間だけ、家族の都合で歩けるだけでも良し、としているこの頃です。

 

      【キツネノマゴ・白花】

 

 

 

ピンク花が多くついスルーしてしまいますが、白花は何となく気合が入ります。

 

 

     【ツルボ】

 

 

 

やっとツルボに会えました。

 

今年は遅いのかな?

 

 

     【センニンソウ】

 

 

 

白い花だし、何かに絡まって咲くので見逃すことはありません。

 

 

     【キツリフネ】

 

今年のキツリフネはなんだかさみしい咲き方です。

 

自生ではないので環境が合わないのでしょうか。

 

今日も撮りそこなった花が数種、たっぷり時間が欲しい。

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM