半年ぶりですが…

  • 2018.06.08 Friday
  • 21:44

 

 久しぶりの投稿になります。

 

昨年末、母が転んで左足首を骨折、救急搬送され年明けて手術。

 

リハビリなどを経て現在は施設で生活をしています。

 

と言うのも、年明けから相方の体調が崩れてきました。

 

これまで病気らしい病気もせず健康だと思っていたのに、次から次へあれやこれやと続くように

 

なりました。

 

手術をして何とか落ち着いてきましたが目を離せない状態です。

 

週3日の治療、送り迎えも大変ですが自分の体に気を付けながら何とかやっております。

 

こんなわけで「台上散策」ができなくなってきました。

 

開花時期になると気にはなりますが「花は来年も咲く」ので「今やること」をやるのみ。

 

 

秋ごろには短時間の散策ができる予定。

 

それまでは「ご近所お写ん歩」など、歩くことにします。

 

 

コマユミ、撮り直し

  • 2017.10.27 Friday
  • 20:55

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 先日撮った「コマユミ」、コンデジだったのですべてがピンボケ。

 

まるで「私と同じ」笑、デジ一で撮り直しました。

 

 

     【コマユミ・実】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マユミとは、実の弾け方や雰囲気が全然違います。

 

こんな撮り易い場所に自生しているとは、知らなかった―。

 

時期に歩かなければ知らずに過ごしているんですねー。

 

 

     【リンドウ】

 

草原に移動すると林道の青い花が目に付きました。

 

これから草原を彩ります。

 

 

イヌセンブリ

  • 2017.10.26 Thursday
  • 21:26

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 10年前、その時期に余り歩かない林内へ足を踏み入れました。

 

遠くから、草藪の中に白いものが見え隠れしたからです。

 

それはこんな花でした。

 

 

     【イヌセンブリ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の暑い日ですが何度か草刈りをしています。

 

雑草に負けるし日当たり悪いし、同じ咲くならく立派に咲いてほしい、その願いが通じて

 

昨年ほどではありませんが少しづつ増えてきました。

 

それを踏み倒したり踏みつぶしたり、撮るときに周りを気にしなくてそうなるのでしょう。

 

イヌセンブリを見つけたとき、仲間数人にしか教えていません。

 

ところが踏み跡が甚だしく、「私が教えたよ」と言う人まで。

 

以降、話すことは止めました。

 

別の場所が復活したから来年から草刈りも止めます。

 

藪に負けず、たくましく育ってほしい。

 

 

ムラサキセンブリもいろいろ

  • 2017.10.16 Monday
  • 10:01

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 観察会終了しての帰り道、可愛い花を見つけました。

 

 

 

 

 

 

1株だけ、ちょっとピンクが強いけど「ムラサキセンブリ」。

 

撮るときは気がつかなかったけど画像確認するときに「八重だ」。

 

みんなで驚きました。

 

だって、初めて見たから。

 

しかも、上下の花びらにはひげがあります。

 

なんでこうなったのか、不思議な現象ですね。

 

 

追記

 

平尾台野草勉強会の仲間、ひとりしずかさんの日記に「オシベが無い」と書かれています。

 

確認すると、

 

 

 

 

確かにありません。

 

その代り、花びらの枚数が多くあります。

 

そこで、先輩にお尋ねすると、「八重咲きは雄しべが花弁化したものだそうなので雄しべが

 

無くても不思議ではないですね」、だそうです。

 

野草を見て学んで13年目、不思議なことはまだまだ起きうることでしょうね。

 

だから、止められません。

 

 

秋吉台仲間との観察会・平尾台、2

  • 2017.10.15 Sunday
  • 22:37

JUGEMテーマ:日記・一般

 

まだ咲いててくれた〜

 

     【アケボノソウ】

 

 

 

秋吉台で見ることができなかったので綺麗な時期に出会えてうれしかった〜!

 

林は伐採され、アケボノソウも無残に刈られていたからなんです。

 

行政との狭間で花たちはどう思っているのでしょうかね。

 

「ここで咲きたいのに」、な〜んて声が聞こえそう。

 

 

     【アサギマダラ】

 

 

 

お弁当タイムの場所でヒラヒラ舞っていました。

 

セイタカアワダチソウも蜜源になるんですね。

 

 

     【ナギナタコウジュ】

 

 

     【ヤマジソ】

 

 

 

この花は「ヒメジソか」どうなんだろうと不安ながら撮って帰りました。

 

そして、平尾台の先輩にお尋ねすると「ヤマジソで良いよ」とのお返事が。

 

葉色が昨年とは大違い、紅葉してないからなんですが。

 


 

こちらが1年前の画像、少し色づいてるでしょ?

 

余りにも小さいのでみなさん探すのにご苦労されていたようです。

 

大きな花が良いのかな〜。

 

 

あれもこれも、と欲張りすぎ、帰りがかなり遅くなりました。

 

もっと考えてコースを決めて方が良い、そんな反省をしながら帰路につきました。

 

みなさん、お疲れさまでした。

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM